FSRとは

理念・目的・沿革

理 念

脳卒中患者データの集積、解析を行い、脳卒中の予防、診断、治療の進歩、発展に寄与する情報を発信し、脳卒中に関する国民の保健、福祉の向上をもたらします。

研究の目的

共通データベースは、科学的根拠に基づく医療(Evidence-Based Medicine:EBM)の研究基盤として、有用な予防・治療法の研究開発に役立てます。診断薬・医薬品開発における戦略形成や、新たな臨床研究および治験の研究計画など臨床開発にも活用します。

研究の意義

脳卒中医療の実態調査、脳卒中の原因・病態の解明、脳卒中診断の有用性・治療の有効性の評価、脳卒中の予後調査などを行います。また、ゲノムや血漿を用いて遺伝子解析研究や蛋白分析研究を行います。それらによって、脳卒中医療の問題点を明らかにでき、最も効果のある脳卒中の予防法、治療法を明らかにすることができるとともに、新しい診断方法、治療方法、治療薬の開発ができると考えられます。

沿 革

平成13年 九州大学大学院医学研究院病態機能内科学(第二内科)脳循環代謝研究室において、脳卒中データベースの概要発表、全体会議での承認。
平成14年 2月:福岡脳卒中データベースの素案を作成。
6月:データベースへの仮登録を開始。
平成15年 5月:第1回研究会を開催。
Fukuoka Stroke Registry(FSR)として株式会社NTTデータと新規データベースの共同開発を開始。
平成17年 4月:個人情報保護法施行。
有限責任中間法人久山生活習慣病研究所(HisayamaLIFE)設立。
FSRが臨床病理ユニットの事業となる。
5月:FSR推進委員会が発足。
平成18年 2月:九州大学病院にてFSR疫学研究が倫理審査承認。
3月:九州大学病院にてFSRヒトゲノム・遺伝子解析研究が倫理審査承認。
以後、各施設で順次承認。
平成19年 5月:臨床研究コーディネーター(CRC)がFSRへ参画。
6月:九州大学病院にて脳梗塞バイオマーカー研究(REBIOS)が倫理審査承認。
10月:九州大学病院にてピオグリタゾン脳梗塞再発抑制試験(EPOCH study)が倫理審査承認。
平成20年 4月:九州大学情報基盤研究開発センター学術情報メディア研究部門と共同研究。
6月:ヒュービットジェノミクス株式会社と追跡調査システムを構築。
ゲノム、蛋白研究の拡充。

▲ページ上へ